お問合せ

北海道鹿部町

鹿部町は、北海道の南部、函館市から車で約1時間、駒ヶ岳の麓(南東)、大沼国定公園の東側に位置し、内浦湾、太平洋に面する漁業と観光のまちです。
基幹産業は、質の良い天然昆布(白口浜真昆布)や、ホタテの養殖、内浦湾という豊かな漁場に恵まれた漁業と新鮮な魚介類を原料とした水産加工業を主な産業として発展してきました。
また、北海道遺産にも選定され全国的にも大変めずらしい間歇泉や温泉資源を活用した道の駅「しかべ間歇泉公園」を観光拠点とし、漁師町らしい観光やまちづくりを進めているほか、駒ヶ岳をシンボルとした、環駒ヶ岳広域観光協議会(鹿部町・七飯町・森町)に参画し、広域観光の推進にも力を入れています。

基本情報
協力隊活動人数
5人(2023年9月現在)
人口
3607人
アクセス

飛行機:函館空港から車で約50分
鉄道:新函館北斗駅から車で30分

施設情報

【診療所】しかべ内科診療所
【学校】鹿部小学校、鹿部中学校、しかべ幼稚園

お問合せ先