お問合せ

北海道留萌市

留萌市は、日本海に面した北海道の北西部に位置し、南北には暑寒別天売焼尻国定公園が連なり、日本海に沈む夕陽が美しく、ハートの形をした人情味あふれるみなとまちです。
ニシン漁とともに発展し、全国一のシェアを誇る「塩かずの子」や、全国食味分析鑑定コンクールにおいて金賞を受賞した「南るもい産米」などを生産しているほか、「トルコギキョウ」の産地として、関東や関西の市場で高い評価を得ています。
留萌市の人口は、昭和42年に約4万3千人とこれまでのピークを迎えましたが、昭和43年頃から転出者が増加し、基幹産業である漁業・水産加工業の衰退、留萌市の人口を支えてきた官公庁の統廃合が進み、さらに人口減少に拍車がかかり、現在の人口は約1万9千人にまで減少し、若者の流出や高齢化等による担い手不足が進み、多様な分野での抜本的な改革が求められています。
このような中、「留萌ならでは」を創造し、都市地域からの人材を積極的に受け入れ、育成を行い、地域の活性化や魅力のあるまちづくりを実現するための取り組みが求められています。

基本情報
協力隊活動人数
2人(2023年現在)
人口
18869人
アクセス

飛行機:旭川空港から2時間
バス:札幌駅から2時間30分

施設情報

【病院】留萌市立病院など3施設
【学校】小学校5校、中学校2校、高校1校、保育園2園、幼稚園2園

お問合せ先