お問合せ

標津町地域おこし協力隊募集中!(標津サーモン科学館支援員)

標津町は知床連山のふもと、知床半島と野付半島に抱きかかえられるように存在しており、24㎞洋上に北方領土国後島が望めます。
標津町の地名の由来は「シベ・ツ=貴重な食料のあるところ、サケのいるところ」といった意味のアイヌ語からきており、町の成り立ちからサケと深い関わりがあります。
地域資源を活用した体験型観光も盛んに行なわれ、観光振興に力を注いでいます。

募集要項
関連ファイル

標津町地域おこし協力隊応募用紙

雇用関係の有無
あり
業務概要

サーモン科学館支援員として標津サーモン科学館に従事していただきます。
標津町の観光中核施設である標津サーモン科学館の来館者増を目標に、展示魚類の飼育管理や来館者へのサービス提供、サケ科魚類全般の研究などを通じて魅力ある展示活動に積極的に取り組んでいただける方をお待ちしております。

 

●展示魚類の飼育管理などの活動
●町内におけるサケ科魚類全般の研究に関わる活動
●チョウザメの繁殖、養殖の研究に関わる活動
●産業振興、観光振興、物産振興の企画及び実施に関する活動
●来館者へのサービス提供に関する活動
●活動内容の SNS 等を介した情報発信に関する活動
●標津サーモン科学館の施設維持に関する活動
●その他サーモン科学館(指定管理者)の指示に関すること

募集人数
1人
勤務地
北海道標津町
勤務時間

【勤務時間】
原則、午前8時45分から午後5時30分まで
※業務の都合により就業時間・休息時間に変更あり

 

【勤務日】
各勤務月の休日数は標津町職員(土・日・祝日及び年末年始休業)に準ずるものとし、標津町サーモン科学館(指定管理者)が定める勤務表によるシフト制
※ただし、業務の都合により当初の休日を変更して勤務する場合がある

雇用形態・期間

【身分】
標津町フルタイム会計年度任用職員

 

【任期】
令和6年4月1日から令和7年3月31日まで
※活動状況に応じて、最長3年間まで任期の延長あり

給与・賃金等

月額191,800円
※この額より社会保険料の本人負担分等が控除されます

待遇・福利厚生

・社会保険加入(雇用保険、厚生年金、健康保険ほか)
・昇給あり
・期末手当(賞与)あり ※6月、12月の年2回
・活動に必要な経費(消耗品、備品など)や住居借上料、車両維持費、通信費、自己研鑽のための研修参加費等については予算の範囲内で支援

申込受付期間
2023年12月29日〜2024年02月29日
審査方法

【応募手続き】
①応募期限 令和6年2月29日(木)必着
②応募方法 以下の必要書類を担当窓口へ提出してください(メール・郵送可)
・所定の応募用紙
・履歴書
・レポート
・住民票の写し
・普通自動車運転免許証のコピー

 

【選考方法】
①第一次選考(所定の応募用紙と履歴書、レポートによる書類選考)
・応募期間内に必要書類を提出してください
・募集終了後、10日程度を目途に、メールや電話で選考結果をお知らせします
・レポートテーマ「地域おこし協力隊としての意気込み」
・履歴書は市販のもので提出してください(必須:写真貼付・学歴・職歴・家族構成)
②第二次選考(第一次合格者を対象に、面接試験を実施)
・都合の良い場所、日程を調整し、面接試験を実施します
※面接試験の場所や日程、実施方法については相談のうえ決定します(状況によってはオンライン面接の可能性もあります)

 

【担当窓口】
標津町役場 商工観光課
〒086-1632  北海道標津郡標津町北2条西1丁目1番3号
TEL:0153-85-7246 FAX:0153-82-1787
Mail:kankou@town.shibetsu.lg.jp

参考URL
https://www.shibetsutown.jp/topics/1685/

お問合せ先